小型軽量タイプの「視力回復器具」

視力を回復させるための器具には実にいろいろなタイプのものがあります。繰り返し使用する、視力回復のための器具、それがトレーニングタイプの「視力回復器具」です。そして今非常にコンパクトなトレーニングタイプの視力回復があります。モーター内臓タイプの本格的な「視力回復器具」が、小型軽量化されたものなのです。遠近凝視法と拡散訓練は視力回復に大変有効です。この視力回復訓練光学器具はこの訓練が同時に行えます。これはプリズムレンズと光学レンズを組み合わせたもので、非常に精度の高いレンズです。視力回復訓練が手軽に家庭や職場でも行えるように、小型軽量化された「視力回復器具」なのです。全部で8枚のレンズを使っているのがこの小型軽量タイプの「視力回復器具」です。光学レンズ、プリズムレンズが左右4枚ずつになっているのです。裸眼視力が0.1以下から0.8までに有効です。この範囲の視力回復に役立つようです。双眼鏡のような形状の小形軽量タイプの「視力回復器具」は、重さが350グラムと持ち運びはとても簡単です。小型軽量タイプの「視力回復器具」でテレビや絵画等を眺めます。すると見ているものがピントが合った状態から少しずつぼやけたり、ズームアップから縮小されたりします。自動的に一定のサイクルで様々に変化するのです。自動のサイクルにより4つの視力回復トレーニングを一度に行います。それは【雲霧法、】【遠近体操法】【遠方凝視法】【開散訓練法】の4つです。ホスピピュア