近視レーザー手術の術式って?

レーシック手術とPRK手術という方法が、【近視レーザー手術】では用いられています。レーシック手術では、マイクロケラトームというとても精密な装置で角膜の表面にフラップというフタを作るところから始めます。手術では、角膜のフラップを裏返してからレーザーを使って正確に削ります。像が正確に結ぶように処置してから、フラップを戻せば手術終了です。レーシック手術は入院の必要がなく、点眼麻酔のみで行うので体に負担がかからない手術です。視力は術後間もなく回復するので、職場や学校には翌日から行けます。手術にかかる時間は片目につき10分程度とごく短時間です。レーシック手術の場合、両目を同時に手術をすることもできるのです。出血もほとんどなく、あまり痛みを感じないこともレーシック手術のメリットです。レーシックの手術後に少ししみるような感じにはなりますが、翌日には目が多少ごろごろする程度です。フラップを作らず、エキシマレーザーで直接角膜を削る方法がPRK手術です。レーシック手術と並ぶ【近視レーザー手術】です。PRK手術は、手術中の合併症が比較的少ないのが特徴ですが、PRK手術後の視力が安定するまでには1週間程度かかります。【近視レーザー手術】によって裸眼で1.0前後の視力にまで回復することが期待できます。ただし、元々の視力や乱視の度合いによって個人差があります。手術をする医師と納得いくまで相談し、レーシック手術を受けると自分の場合はどの程度の回復が見込めるか等相談しましょう。看護師求人で日勤のみが希望です